「SUPERLOSERZ」を観てきたのよ。

 12,13とKREVAさんが出演している「SUPERLOSERZ(スーパールーザーズ)SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う」を観て来ました。
 演出は宮本亜門。東京での公演場所は新国立劇場の中劇場。
 なので、「最高はひとつじゃない」みたいなことにはならないだろうと安心してはいたけれど、KREVAの役どころが「ミスターX」って。(特別出演)って書き方も怪しすぎ。
 本当にチョイ役だったら観なくてもいいかなあ、と思ったのですが、たまにはちゃんとした商業演劇を観るのもいいかも、と考えて土日1公演ずつ、計2公演のチケットを取りました。
 期待してガッカリするのも嫌なので事前情報はほぼシャットアウト。そのためエンターテインメントであること、言語を使わないノン・バーバル・コミュニケーションの舞台であること、KREVAは重要な役どころでそれなりに出ていることだけ確認で、いざ当日。

 いやあ、面白かったです。
 ごめん、不安がって。

 サブタイトル通り、上手くいかない日々を重ねている主人公たちが宇宙人から地球を救うというすごく単純で安易なストーリーでしたが、言語を使わず表現するにはこのくらいで丁度良い。
 全編を通しカッコいいダンスで構成されていて、言葉が使われるのはKREVAのミスターXのRAPと登場するアイドルの歌のみ。
 ただ、それだと別に真新しくもないし、エンターテインメントとまではいかないので途中まで「こんなもんかなー」と首を傾げていたのですが、中盤になって登場する宇宙人のカッコいいことカッコいいこと!!
 今回舞台に出ていて、かつ振付も手掛けたYOKOIさんがリーダーを務める「WRECKING CREW ORCHESTRA」のELダンスが使われているのですが、クオリティの高さにぎゃふん!!!!でした。

 サイリウムみたいなELワイヤーを点滅させながら踊るんですが、ダンスの切れの良さと点滅のタイミングの絶妙さ。
 それにさらにプロジェクションマッピングをところどころ加えているので幻想的な部分もありつつ、客席通路でのパフォーマンスは近いが故の迫力もあって、瞬きが出来ないくらい釘付けになりました。
 一見ELワイヤーの演出の凄さに気を取られますが、よく見るとその衣装のデザインもシンプルながら凄い。
 頭に角のような突起を付けることで背を高く見せて威圧感を増し、手先は指まで覆うことで腕を長く見せている。人間より腕を長く見せることでアンバランスさが観客に不安を与え、かつ動きも肩を動かさない(チンパンジーのような)歩き方の演出でより「人間離れ」した宇宙人を描いていて、子どもだったら泣くだろうな、というちょっと怖い感じに仕上がっていた。
 闇の中で動き回って踊るパフォーマンスはたった9人なのに、その演出の仕方でとてもたくさんにも見える。
 新国立劇場という比較的新しく高機能な劇場で上演することでチケット代はそれなりの値段となったが、このパフォーマンスを行うにはきちんとした設備(外の光が漏れ入らないこと、ワイヤレスでELワイヤーの点滅が行えること、舞台全体をプロジェクションマッピングで覆える距離感があること等)が使用出来ることが必要だったのだと納得出来た。

 KREVAさんの役が必要だったかどうかですが・・・
 白いスーツの人間の目には見えない神様はまるで「最高はひとつじゃない」に出て来た白天使にそっくりで、同じように付け足しにも見える。
 でも、もしこの役が無かったら、ラストがどこでどう終わるべきか、きっかけが出せなかったのではないか。
 だからといって通常のセリフではこの舞台特有のテンポが途切れるが、RAPだからこそそのテンポを守りつつ、必要箇所で舞台転換させるきっかけを作ることが出来たのだと思う。
 また、観客目線に一番近い、物語を俯瞰した立場にあるからこそ必要最低限のRAP(普段のKREVAのRAPに比べると、比較的単純な言葉の羅列だったのも、RAPに親しみのない人でも聞き取れるような配慮と思われる)で登場人物の心中や状況を伝えることが出来る。
 そう考えるとミスターXはただの付け足しではなく、舞台を左右する狂言回し役なのだと言える。だからカーテンコールでは主役ではないはずのKREVAが何故か真ん中にいて、場を仕切っていたのだろう。
 舞台というのは不思議なもので、必ずしも主役が舞台を仕切るとは限らない。物語を支配する人物が舞台を仕切る、そうなるとやはりミスターXは必要だったのだろう。
 ざっくりした作りに見えて、実は深く考えて作られている、そんな舞台だった。
 商業演劇というのはこういうものなのだと、KREVAにも判ってもらえたと思う。ぜひ、この経験を「最高はひとつじゃない」にも生かして貰いたい(本当にな・・・)

 おかげで2公演の予定が、当日券で3公演目を観てしまいました。でももっと観たいなあ。大阪行きたいなー 続きを読む>>

2014年908の日。

 今年も「KREVAの日」がやって来ました!
 記念日協会から正式に記念日として認められた、9月8日はクレバ(908)の日です(本当)
 デビュー10周年ということもあり、今年も「908FESTIVAL」が2日間に渡り開催されました。過去2回は、首を傾げてしまったこともありましたが、今年は!今年は!!!!!
 出演アーティストが発表になった時点からもうテンションMAXでした!!!!!
 だって7日はKREVAの一人武道館再び!!!!
 8日はKICK THE CAN CREW他、錚々たるメンバーが登場!!!!!

 当日は早めに移動し、ホテルに荷物を預けてまずは物販へ。
 その後戻ってチェックイン、大好きな「アボカフェ」さんのグリーンカレーを食べたり、古本屋覗いたり。
 夕方再度会場に戻り、30分前に入場。

 今年もDJ908が客入れ中にプレイしてました。
 初めて見た時は「え?KREVA・・・だよね??」って驚いたけど、他のお客さんも当たり前になっているようで、踊ったり歌ったり、通常の客入れ時と同様に喋ったりスマホいじったり。
 完全一人ライブなので、いつものような音が流れてバーンと出て来ていきなり熱唱ではなく、出て来て準備をしてからのスタート。なので、観ていて最初はすごく緊張しました。
 それでも歌い出してしまえばいつものKREVA・・・なんだけど、やはり一人でいつもと全く同じ曲を再現するのは当然ながら不可能なので、それぞれが今回用にアレンジされていて、またこれがカッコイイ。アレンジだけでも相当の準備がされているのを感じました。
 勿論一人きりで準備や演奏しながら歌うわけですが、7年前の一人武道館から大きく進化を感じたのは、スキルや声の出し方よりも、手を動かしつつもしゃべり続けられるようになった部分。
 ピアノの弾き語りと同様、右脳と左脳を同時に使うと思うので本当は凄く難しいことだと思う。前回は明らかに苦戦していたこれらの作業も余裕があるように見えたのは、少しずつライブで披露していたせいかもしれない。

 機材を操っている時間の大半を喋っているから、通常のライブではない量の喋りを聴くことが出来ました。それもだらだら喋るわけではなく、機材の説明とそれをどうこれからやる曲に使用しているかを
説明し、その合間合間にコント的なものをちょこちょこ挟んで来るから、常に会場大爆笑。
 wowowで生中継をしていたのですが、初めてKREVAのライブを観た人は驚いたろうな・・・音楽と笑いのセンスのギャップに(笑)
 個人的に好きなのは熊井吾郎がいかに凄いかを説明しているのに、気が付いたら熊井吾郎をネタにした一人ミニコントになってるというもの。機材で出している「ピッ」という音を上手く使ってネタにしてるところが、音楽と笑いの融合と言う感じで新しいスタイルだな・・・って、お笑いライブではありませんが。
 ライミング講座の講師役は鉄板キャラ。よくこういうキャラクター演じて(?)ますが、TVなんかで韻を説明する時よりも、詳しく、歌詞のどこで踏んでいるかを丁寧に解説していて、KREVA先生の才能に惚れ直すほどカッコ良かったです。

 今回聴けて良かったと思ったのは「Spece Dancer」の音楽に「全速力」のリリックを載せたアレンジと、ボイスパーカッションのみの「I'm yours」のアカペラ。
 デジタルを駆使してるからこそ出来る前者と、アナログな後者。どちらも鳥肌が立つくらい素晴らしいと思いました。
 「I'm yours」に関しては、いつか坂本美雨ちゃんとのフルコーラスを生で聴きたいです。
 とにかく、頭から終わりまで本当に素晴らしかった。
 通常のライブとは少し形態もノリも違うけど、KREVAの良さは同じでした。
 こんな凄いステージを観ることが出来て、幸せです。 続きを読む>>

祝10周年!「KX」出ました!!

 ついに出ましたっ

 KREVAさん、6月18日がお誕生日で、ソロ活動10周年です(ぱちぱちぱち~)
 これに合わせて豪華なベスト盤が発売され、一日早くフラゲしました。
 どのくらい豪華かと言いますと、メインの2枚組CDは全シングル+新曲2曲の30曲(通常盤はこれのみ)
 初回限定盤はさらにセレクト盤のCDが10曲、そしてセレクトされたLIVE映像盤のDVDが15曲。
 予約限定生産盤はさらにさらに未収録音源CD10曲・・・つまり、全65曲!!フォトブックレットやグッズなども付いて、10,908円(税抜)!!!
 これはかなーりお得。消費税入れても1曲180円くらいの計算ですからね(笑)

 個人的には未収録音源が楽しみ(曲数多くてまだここまで到達できていない)
 「忘れずにいたいもの」がついに音源化されるので嬉しい~
 Remixは3枚目のアルバム、「よろしくおねがいします」に収録されていたけれど、本家本元の音源はライブツアー「クレハ―カップ」で来場者限定で配布されたDL版のみ。
 西村さんは当時、このためにライブ直前に携帯を変えました。でもデータの移行が出来ないから、スマホになった今もこの携帯が捨てられない・・・また聴けるようになって、本当に嬉しい。

 マスタリングされた曲は、西村さんには良く判りませんでした。ちょっと音がクリアになったかな?という気もするけど、聴き比べたら全然違うのかなー

 コンセプトが「K展」ということで、過去の活動を展示した会場をKREVAが巡るデザインが素敵。
 特に歌詞ブックレットは細かく作り込まれていて、限定盤の付録のイヤホンやTシャツや時計なども登場していて、結構にやにやしますね。
 で、「K展」のチケットを模したものが付録に付いていたりして(メインの付録の取説なんだけどね)、その世界に入りたいッッ!ネット上のバーチャルで良いから、「K展」巡れるようにしてくれないかな・・・

 一か所だけ、ちょっと付け加えるなら、CD、CVDのケースを支える用の底上げパーツがあるんだけど、当然中身は空っぽなのよね。結構なスペースなので勿体ないから、そこにも何かに使って欲しかったな。何も予告しないのに、おまけついてたら嬉しいし、そういうの面白いと思うの。
 何なら、KREVAの写真を印刷して、切れ目を入れて起こしたら、KREVAさんを立体で飾れます!卓上K展です!!とかでもいいの(←ものすごくいい案じゃね?)

 そして今日からライブツアー「K10」が始まります。
 (アルバムは「KX」、ライブは「K10」、アルバムのコンセプトは「K展」どれも同じ読みです。こういうところも好き)
 日程の都合上、西村さんは千秋楽に当たる東京の1回のみ参加ですが、今からわくわくしてます。
 CD聴き込んで待つよ。 続きを読む>>

行くぜ夏フェス!!

 とっても、とっても嬉しいことがありました!
 いや、これからあります!!
 なんと、今年の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に、「KICK THE CAN CREW」が出演することになりましたッ!!!
 いやっほう!!!

 活動休止してからはイベントやKREVAのゲストとして呼ぶ形でしかライブしていなかったのですが、今回はきちんと「KICK THE CAN CREW」としての出演になります。
 嬉しい、凄く嬉しい。
 活動休止の時はまだKREVAさんに入れ込む前だったし、そもそも一人でそんな立ちっぱなし、踊りっぱなしみたいな激しいライブに行くなんて考えられなかったのですが、今でも時々、「なんてバカだったんだ~、行けばよかった~っ」と思うくらいなので、嬉しい。
 嬉しくて涙出ました。

 今年はフェスには行く気が無かったのだけど、夏休みだし、翌日にKREVAさんも出演するし、これは行けるなら絶対行っとけ。
 ってことで、既に宿は運良く確保。チケットはまだ3次なので、恐らく大丈夫でしょう。
 行くぞ、ひたちなか!!
 (その前にナビの地図ソフト更新しよう・・・)

桃が好き!!

 福島に行った時の記事にも書きましたが、が好きです。
 桃が好きなことに気付いたのは、ほんの3年くらい前。
 嫌いではないことは判っていたけれど、果物全般、自分で買ったり、わざわざ食後に剥いたりするほどではなかったのですが、たまたま買った桃が美味しくて、「あー、わたし桃が好きなんだ!!」と気付いた次第。
 よく考えたら、果物の中で一番好きかも知れない。
 それからはちょっとしたものでも桃味を選ぶくらい。
 冬の間は生の桃が手に入らないので、コンフィチュールとか、ジュースとか、ドライフルーツとかを食べては「美味しいけど違う・・・生の桃食べたいぃぃ!!」と叫ぶ始末。
 ちなみに缶詰はなんか違う。あれはあれで美味しいけど、桃風味少ないし(値段が高いのなら違うのだろうか)
 だから、春になるとソワソワして、ちょっとお高いスーパーに6個数千円のやつや、千疋屋で1個1,200円するやつを買おうか悩んでしまいます。さすがに我慢してるけど。
 でも2個千円くらいになると待ちきれず、手を出します。
 その値段の時は、桃のことを「桃様」と呼びます(笑)

 他の果物は買わないし、貰ってもあまり食べようとは思わない。
 でも桃は夕食後は勿論、わざわざ朝剥いて食べたりするくらいなので、本当に相当好きなんだと思います。
 もっとも、そんなに大食漢ではないので毎日食後になんて食べられないので悔しい(だから朝から食べる)
 熟した柔らかいのが好きですが、最近は硬いのも良いなと思ってます。

 スタンダードな桃も白桃も黄桃も好き。
 産地は山梨や岡山も良いけど、やっぱり福島のが一番美味しいかな。
 夏が終わると桃シーズンも終わってしまうので、それだけが悲しい。とにかく、今のうちに美味しい桃をいっぱい食べたいと思います!

「OH YEAH」出るよ!

 明日、6月20日にKREVAのニューシングル「OH YEAH」が発売になります。

 「GO」のツアーファイナルで披露した曲です。
 レゲエ調で明るくて、無駄に元気が出る。心を打つとかそういうのではなく、ただ、聴くだけでワクワクする。音に乗るその心地良さとか面白さとか、そういう原始的な楽しさ。

 応援ソングとか嫌いだし、他人から応援されて元気なんて出ない。でもこの曲みたいに、自分の内側から元気が湧き出す曲は好き。
 KREVAさんは他のもそうだけど、直接説教したり、励ましたりはせず、その人その人に問いかける形で間接的に励ますことが多い。
 慎ましやかでありながら、それを自分には出来ると判っている傲慢ささえも、カッコいい。

 このCDには凄い初回特典が付いて来るので、もし見かけたら是非是非お買い求めください。
 ただ、アマゾンでは付いて来ないので、予約したのを取り消して近所の「TUTAYA」で予約しなおした。一体、どのくらいの人がアマゾンの予約を取り消したか知りたい(苦笑)
 そのくらいの特典ですよー

「嘘やー」のこと。

 今、M影部長が電話してるの聴いてて気付いたんですが・・・
 西村さん、大阪弁で笑いながら「嘘や」っていう言い回しが好きらしい。
 有栖川先生の「嘘や」も好き。
 日之内エミちゃんの「うそやー」も好き。
 男女問わず、なんか可愛い。

「GO」ツアー始動。

 ついにKREVAさんのツアー「GO」がスタートしました。
 なので、この間の日曜に戸田まで行って来たよ(同じ日に「深呼吸する惑星」のライブビューイングを板橋で観た)

 今回は10月に武道館で2daysを行い、その後に地方のホールでツアーという変則技。
 武道館で大盛り上がりをした後に小さなホールってどうなるんだろう?と思っていましたが、いやー、凄いなー
 何がって、ほぼ武道館と同じ演出にセットリストなんだよ。しかも「スカパー!」でそのライブも既に放送しちゃったんだよ(笑)
 地方でやった後、クオリティを上げた同じものをトリの武道館とかアリーナとかで、っていうのが普通かと思う。でもそれを逆にすると通常はパワーダウンしたように感じるんだろうけど・・・
 全くそんなことなかった!
 10月にやった武道館の客席の一部を、そのまま切り取ったような熱気だった!!舞台はそのまま移したような完璧さだった!!!
 公演の順番が入れ替わっても、同じハイクオリティを維持できるって自負があるんだろうなあ。

 実際、やっぱりとても楽しくて、ずっと歌い踊りまくってました。
 いつも本当に全力投入なので、汗掻きすぎだし(だから可愛い恰好とかで行けない←どっちにしても、いつもライブTシャツだけどな!)後で筋肉痛酷いのよ(苦笑)
 この後は3月に宇都宮と新潟に参戦するから楽しみです。 続きを読む>>

第3の舞台。

 昨日、「第三舞台」の「深呼吸する惑星」、千秋楽のライブビューイングを観て来ました(本当の最後ではなく、昼公演だけど)

 ちょっと(かなり?)昔話。
 中学生の時、演劇部でした。
 あの時代の中学の部活の演劇は暗くて、真面目で、面白くもないのが殆どだった(学校内の活動だから当たり前だけど)
 新しい中学生向けの脚本というのは殆ど書かれていないだろうから、今も変わってないかもしれない。
 それでも惹かれる本はいくつかあって、その中でも明るいものをなるべく選んで上演してはいたけれど、一番やりたい台本は上演時間も長く、人数も必要で、憧れるだけだった。
 また、その年代でまともな脚本を書くということはすごく難しいとされ、うちではやってはいけないタブーみたいなものだった。実際、高校レベルでも自作の脚本でぼろぼろの演劇を見せているところも多かった。だからうちの演劇部で創作やっていいのは即興劇までだった(うちの即興劇はストーリーだけ決めて、セリフや動きはその場で各キャストが即興で決める。一時期、部内で超流行って毎日これで遊んでいた)
 そんな中学生が、とある女子高の文化祭で観た演劇は衝撃だった。
 今観たら大したことはないのかもしれないけれど、「第三舞台」に大きく影響を受けたことが判る脚本と演出とダンス。
 しっかりと稽古され、作り込まれた動きに感嘆した。たった数歳しか違わない高校生がこれを作れる。
 その日から誰も言わないけれど、その舞台が自分たちの目標になった。
 だから「第三舞台」に触れたのは彼女たちの劇を通じてだった。

 当時、うちの中学の演劇で歌詞の入った「歌モノ」を音響効果で使うのはタブーだった。歌詞のないBGMだけが正しいものだった。
 また、その頃発表する場と言えば年二回、春の新入生歓迎会と秋の文化発表会(内部だけに披露する文化祭みたいなの)で、それも以前は60分近い作品もOKだったのが、演劇部だけ長時間の発表になるのがよろしくないのか、いつしか発表は30分くらいの長さにするよう求められていた。
 自分たちの好きなものをやりたい、そう思った自分たちは市内の別の学校の演劇部と互いに発表し合う交流会を開くことにし、そこに発表する場を求めた。
 新入生歓迎会から夏休みまでの数か月、例年ならだらだらと遊んでいるような時期に稽古をした。
 一番やりたかった台本。たまたまうちの年代は部員の人数が多くて、ギリギリ役者が足りた。ただし照明まで手が回らず、舞台照明以外は顧問の先生にお願いした。
 そして、脚本に元々付随していたミュージカル調の歌をバッサリ切って、歌モノでダンスを全部で3曲入れた。
 西村さんは配役上踊らなかったけれど、その代り演出がほぼ自分の役回りとなった。
 動きの一つ一つ、タイミング、声の出し方、ダンスの時の腕の高さ、足を振り上げる高さ、ターンのタイミング、視線の方向。
 正式にダンスを習ったことのない中学生が同級生にする要求としては、かなり厳しかったと思う。
 おかげで、交流会での発表は成功だった。相手方の発表は創作劇でぐずぐずだったし、誰も言わなかったけれど「勝った」と全員が思っていたでしょう。

 その後すったもんだがありまして、同じ劇を春の新入生歓迎会で披露したのだけれど、それもまたいい思い出(気付かれてないだけで、大失敗もしたけど・・・) 続きを読む>>

宮川香山の焼き物のこと。

 この間観てきた宮川香山のこと。

 つい最近「美の巨人たち」で「葡萄ノ蔓二蜂ノ巣花瓶」を取り上げていまして、それで今回の「鎌倉彫と眞葛焼」展をやってる事を知りました(12月27日で終了)
 香山の焼き物はどれも凄いんですが、その中でも「高取釉渡蟹水盤」は前に「美の巨人たち」で取り上げられていて、それからずっと観てみたかった作品。
 その時の番組詳細(http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/080119/picture.html
 今回展示されていたのは初代、二代目の物を合わせて24点。
 一つ一つ見て、凄いなあ、素晴らしいなあ、どうやって作ったんだろう(特に「高浮彫風神雷神花瓶」)と充分堪能した後、最後に渡蟹を見ましたが、あまりに蟹は蟹過ぎました。
 だって蟹なんだもん。
 蟹が貼り付いてるんだもん!
 他の作品は精巧だけれど、やはり作り物にしか見えないのです。粘土で作ってます、ってわかる作りをしている。けれど渡蟹はどこからどう見ても蟹で、陶器には見えない。
 2点だけ作り物であることを証明出来る箇所は、蟹の体の裏側の接合部分と、あと足先に存在するの毛の部分だけ。
 接合部分に至っては、裏側を覗き込まないと見えない。
 粘土で作るだけなら、いくらでもリアルな再現は可能だろう。
 けれどこれは焼き物で、乾燥、焼成すると収縮する。分厚ければその分ひび割れが生じやすいし、中が空洞の物は穴をあけてやらなければ破裂してしまう。
 蟹の胴体は、一体どうなっているんだろう。
 どこかに空気穴があるはずなのに、外から見ただけでは見つからなかった(他の物は見えるところに穴がある)
 そして、蟹をどうやって水盤に接着したのだろう。
 別々に焼いた後に取り付けたものではないのは、接合部分を見たら明らかだけれど、じゃあ粘土の状態でどうやって繋いだのか。指先も入らなさそうなその部分の処理があまりにも綺麗で、これを作った人は本当に人間なのか疑いたくなった。

 あこがれていた渡蟹水盤は思った通り、イヤそれ以上にステキで、そして本当に憧れていたため嬉しくて、少し涙が出た。
 こんなにも「会いたかった」焼き物なんて、今のところ他にはないなあ・・・ 続きを読む>>